4kテレビが売れているらしいけど何見るの?

国内メーカーには苦戦が続く白物家電ですが、なんと今テレビが売れているそうです。売れているのは4kテレビ。地デジへの以降で買い替え需要が期待されるも、たいしたこともなくジリ貧だった国内家電メーカーのテレビですが、なぜ今4kテレビが売れているのでしょうか?

そもそも4kとは

横方向に画素が約4000あるので4k(kはキロ)です。横方向に画素が1980個あるフルHDは2kと呼ばれる事もあります。横方向にフルHDの2倍、縦方向にも2倍の画素があるので、全体では2×2でフルHDに対して4kは4倍の画素を持ちます。画面の大きさが同じ場合は、フルHDに対し4kは画素の大きさが1/4、高精細になります。フルHDのブルーレイも綺麗ですが、4kはさらに綺麗になります。
ちなみに、現在では映画の撮影などは6kが使われることが多く、あと数年すると次は8kになる予定です。テレビ放送も8kになる見込みですが、地上波で8kは難しいのでは?ともいわれています。

テレビ放送も4k風に再生して綺麗になる

一応、4kや8kでのテレビ放送は2018年から予定されていますが、BSもCSもフルHDまで、4kでの放送は試験放送のみというのが現状です。つまりテレビ放送を4kテレビで見ても、その恩恵を受けないことになります。
しかし実際には4kテレビの方が地上波であっても綺麗に見えます。これはテレビ側が4kにあわせて調整(アップコンバート)してくれるためで、従来のテレビで見るよりも4kテレビで見た方が地上波でも鮮明になります。画面が大きくなるほど、その効果は大きく50型になるとハッキリと違いがわかると言われます。私の祖父もどこで見てきたのか4kテレビの方が鮮明で見やすいということで買い替えました。

ネット配信なら4kも活躍

4kテレビなんて無用の長物だ!と考える方の多くはコンテンツの少なさをその理由に挙げるでしょう。4k対応コンテンツ(テレビ番組や映画など)は非常に少なく、放送やブルーレイも対応していません。唯一ともいえるのがインターネット配信です。最近のテレビはインターネットを利用出来るスマートテレビと呼ばれるものが一般的になっていますし、Amazon Fire TV のように端末をテレビのHDMI端子に付ければスマートテレビとしてインターネット配信を利用することも出来ます。
インターネット配信では映画など4k対応コンテンツは増えてきていて、4kテレビを十分に活用することが出来ます。

デジカメやビデオカメラで4k撮影が可能になった

4kテレビの使い道として、デジカメやビデオカメラで撮影したものの再生があります。4kテレビよりも少し先に4k動画撮影ができるデジカメやビデオカメラ、最近ではスマホでも可能になったため、これを大画面で再生する用途として4kテレビが使われます。
パソコンは4kディスプレイを採用したものはまだまだ少ないのが現状なので、4kで動画を撮らないなんて方もいると思いますが、次にテレビを買い換える時は間違いなく4k以上になっているので今から4kで撮っておく価値はあると思います。特に子供の成長記録などは少しでも綺麗に残した方が時間を置いて見た時の感動も大きくなるはず!

安くなった!

恐らく一番の原因がこれでしょう。大型の4kテレビはこの1年で半値程度まで値が落ちて、買いやすい値段になりました。50型の4kテレビで安いものは10万円から、売れ筋のものは15万円前後と、だいぶ落ち着いた値段になりました。
地デジ移行期と同じ程度か、その頃よりも安くなったかもしれません。安さを考えると日本の家電メーカーが勝てないのもしょうがないですが、買う側には嬉しいことでもあります。

まとめ

4kテレビはいつ買っても損しないくらい安くなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です